ADHDの子供の治療

ADHDという病気をご存知ですか?病気の症状を和らげる方法とは? - ADHDの子供の治療

ADHDの子供の治療

ADHDは注意欠陥多動性障害という病気として知られていますが、どのような治療法があるのでしょうか。どのような療育方法が適していると言えるのか、ここでは詳しく見ていきたいと思います。本人が生活しやすい環境が重要です。

なぜ注意欠陥多動性障害になるのか。

ピアノの曲に合わせて踊る子供たち
なぜなのか、それははっきりとはわかりません。原因がわかっていればいいのですが、それがわからないので治療法も難しいのです。一番有力とされている原因としては脳にある前頭前野部分機能異常が原因です。前頭葉、それは脳の前にあるのですが、例えば物事を考えるときに整理をする、理論的に組み立てる際に使われる脳です。この部分の働きが鈍かったり、偏った異常があるなどして思考より、互換で刺激を受け取る傾向にあるとされています。ですからADHDのお子さんは理論的に考えたりすることが苦手で、何かに集中することも苦手としているのです。先天的な脳機能障害だけでなく、環境の要因なども加わって引き起こされると言われています。子供の育て方が原因と言われている時期もあったのですが、しつけ、育て方などは一切関係ないことは分かっています。

ADHDの治療方法は?

治療方法は根本的な治療はできません。ですが症状を抑えたり乗り越えたりする方法を学んだりしながらこの病気と向き合うことはできますし、付き合っていくことも可能です。薬もありますのでストラテラを取り入れた治療によって症状の緩和は可能です。薬による治療だけでなく環境を整える、周囲が普段から対応を決めておくなど本人が、生活しやすい環境づくりが大切と言われています。
ストラテラのすごい効果とは?

生活しにくく周囲との協調性にかける可能性

元気いっぱいの子供たち
ADHDのお子さんは特徴として生活の中でほかの人が困難と思わないことに困難を感じて、ぶつかることが増えてきます。例えば一度言われたミスを何回もしてしまう、何度も怒られる、順番が守れない、ルールが守れないなどのトラブルもあるでしょう。場合によっては自分に自信を持てずに、周囲に敵対心をむきだしにすることもあります。こうした日々の生活の中で生きにくさが引き金になり、その結果うつ病を発症したり引きこもりになることもあります。思春期以降に起きる不安障害、気分障害を防ぐことも治療の一つの目安となります。

治療はいつから始めるのか、判断基準となるのは?

治療はいつから始めるのが良いのでしょうか。例えばどんな症状が出ているとそれはもう注意欠陥多動性障害だと診断されると思いますか?集中できずに気が散ること、それは不注意といいますが、じっとしていられないこと、それは多動性といいます。そして順番が守れないとか思いついたことを頭で考えることなしに行動に移すこと、それを衝動性といいますがこの三つが現れていたら特徴と見ていいでしょう。特に年齢が小さいと、これらの行動は普通のお子さんでも現れるので判断が難しいのですが、こうした特徴が年齢に合わない、発達に合わないような時期に見られて、それも過度に見られているときには、一度専門機関への相談が必要かもしれません。主に自動発達支援事業所や保健センター、子育てを支援する場所などがこうした相談を受けています。大人になってから発症していると気が付くこともあり、ミスを繰り返す、約束が守れない、整理整頓できない場合は相談が必要です。日常生活や社会生活に師匠が出ている場合には早めの治療が必要となるでしょう。発達障害者支援センターが窓口をしています。