ADHDの子供の治療

ADHDという病気をご存知ですか?病気の症状を和らげる方法とは? - ADHDの治療終了の目安について

ADHDの治療終了の目安について

ADHDの治療をしていて最終的にいつになれば治療が終了したと判断されるのでしょうか。その判断基準を知りたいという人も多いかと思います。実際判断基準というのは色々とありますし、その人によっても違いはあります。

治療終了と判断されるための基準

ADHDの治療を多方面からのアプローチで受けていた場合に治療が終了すると判断されるのはお子さんの場合には学校や勝ち得などの場所でこれまでに、困難とされてきたことが改善されているかどうかが重要です。その治療をしたことによって本人の生きにくさが改善されたのかどうか、それが大事なこととなるでしょう。

治療終了後も長期的なフォローが必要

そして一度は治療終了と下かもしれませんがそれで終わりではありません。その後長期的に改善されていたのかどうか、それともまた発症しているのか、症状があらわれいてるのかどうかを見ていく必要があるのです。しかし経過を見ていく中で環境が変わることもあるでしょう。この病気は環境が変わったときなどに対応に困って発症することもあります。治療を再開しなければいけないこともよくあることなのです。環境の変化にどう対応して行けているのかどうか、それも見ていく必要があるでしょう。

ADHDは必要なときに必要なサポートを受けることが大事

必要なときに適切にサポートを受けることができるのかどうか、それがとても大事です。そのタイミングで必要なときにサポートが受けられない場合には、また悪化してしまって最初から治療をやり直さなければいけないこともありますので、適切なタイミングでの治療をいかに受けることができるのか、それが大切です。治療が終了しても定期的な検査は引き続き受け続けることが必要です。

関連する記事