ADHDの子供の治療

ADHDという病気をご存知ですか?病気の症状を和らげる方法とは? - ADHDの療養による治療とは?

ADHDの療養による治療とは?

ADHDの治療では療育による治療も平行して行われます。完全に治療して完治させること、それは難しいかもしれませんが障害の症状が、日常生活に支障を及ぼさないようにすることは可能かもしれません。その方法として療育があります。

療育の治療とは一体どのような治療なのか

療育の治療、これは一体どのような治療の事を言うのでしょうか。根本的に感知させる治療方法ではないのですが社会的に、自立して生活をしていけるように、スキルを身んち受ける、環境を整えるためのアプローチをすることをいいます。療育の方法で学ぶことというのは3つの柱があり、その一つが環境調整で二つ目が、ソーシャルスキルトレーニングであり、三つ目がペアレントトレーニングです。

環境を整えることが治療につながる

環境とは教育現場もそうですし、家庭などもそうです。集中できずにいる子の場合はあまり机の周辺の刺激になるようなものは、置かないようにしましょう。身の回りの整理整頓をした上で片付けられる環境にしましょう。

ソーシャルスキルトレーニング

これは略してSSTとも言われているのですがいろいろな特性を持っている、お子さんが社会、生活の中で上手に行動できるようにするためのトレーニングです。対人関係がうまくいっていない場合にはロールプレイを通じて人間関係を学んだりすることもあります。

ペアレントトレーニングについて

オエアレントトレーニング、これは親のトレーニングです。どのように関わればいいのか、子育てで気をつけることはないのかなどを見ていくことになります。本人が困ったときにどのようにアドバイスをかければいいのかも含めて本人の自己肯定を支援する関わりを学んでいきます。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →