ADHDの子供の治療

ADHDという病気をご存知ですか?病気の症状を和らげる方法とは? - ADHDの薬物治療について

ADHDの薬物治療について

ADHDの薬物療法についてここでは詳しく見ていきたいと思います。治療薬におけるADHDの治療は特徴的な行動として知られている不注意や多動性、衝動性などの症状を和らげることに使用されます。しかしこれは飲んでいるときだけなのです。

薬物療法は対処療法であり、その時だけの効果です

根本的に治療をするわけではないので、飲んでいるときだけに効果があることになります。そのために、薬を使って治療をしているというよりも、薬を使って症状を抑えている、症状を緩和させていると思ったほうがいいかもしれません。そして個人によって薬の効果には違いがあります詩、副作用が出る人もいれば出ない人もいますので、それも人によって違いがあります。医師と治療計画を立てながら使用していかなければいけません。

主な薬・・・ストラテラ

主な薬は二種類あるのですが、そのひとつとしてストラテラがあります。これはノルアドレナリン再取り込み阻害薬として知られているものです。日本ではADHDの治療に効果があるとして承認されていますが効果が現れるまでには、1ヶ月は時間がかかります。しかし効果が発言したあとは24時間効果があるので長期間の効果を期待することができます。副作用はどのような薬にもありますが、これは食欲不振になるかもしれません。

主な薬・・・コンサータ

コンサータもADHDの治療薬の主な種類です。中枢神経を刺激することで脳内の神経伝達物質のドーパミン、ノルアドレナリンといった部分を調整していきます。効果はストラテラよりも早く発言して2時間もすれば効果が出てきますが、効果は12時間程度しか効きませんのでストラテラの半分です。副作用に頭痛、寝つきの悪さ、食欲不振がありますが、慣れれば改善されます。

関連する記事