ADHDの子供の治療

ADHDという病気をご存知ですか?病気の症状を和らげる方法とは? - ADHDの薬物治療の進め方について

ADHDの薬物治療の進め方について

ADHDのお子さんが薬を使って治療を受ける場合には、副作用などもありますので十分に注意して受ける必要があります。あまりにも薬に頼りすぎる、自己判断において服用を中止するなどすると治療が妨げられることもあります。

薬物療法は医師の指示に従う

薬物療法を受ける際には医師の指示ん従う必要があります。副作用もありますし、例えばストラテラが誰にでも合うとは限らないのです。薬に頼りすぎてもよくありませんし、かといって自己判断や親の判断で服用をストップすることもよくありません。医師も治療方針を立てた上で薬物療法を進めていくかと思いますので、きちんと治療方針を相談して服用していく必要があります。

子供の場合には薬物療法のみではない

子供の場合の治療としては薬物療法のみで治療をしていくということはありません。本人が落ち着くようにするために使うことはあるのですが、これだけで子供を落ち着かせるのではありません。ADHDの治療で大事なことは、子供の過ごす環境を調整すること、落ち着いているときに持っている能力を上げるためのトレーニングが大事でしょう。

治療は多方面からのアプローチ

ですからADHDの治療というのは薬物治療だけでもありませんし、環境とを整えるだけでもありません。本人に対しての認識してもらうために対処法を伝えていくトレーニングなども含めて様々な方法で考えていかなければいけないのです。落ち着いている時を見計らって疾患についての認識を高めてもらえるようにトレーニングをしたり、どうやって症状を抑えていくのか、自分をコントロールできるようになるのか話し合ったりする必要もあるでしょう。治療終了の目安は医師の診断に委ねられますがわかりにくいことの方が多いでしょう。

関連する記事