ADHDの子供の治療

ADHDという病気をご存知ですか?病気の症状を和らげる方法とは? - ADHD治療を始めるに当たっての目安は?

ADHD治療を始めるに当たっての目安は?

ADHDのお子さんが増えていると言われていますが、どのような症状が出ていれば治療が必要で、それは何歳くらいから治療をし始めたほうがいいのでしょうか。その治療はいつ終わるのか不安なことを解消していきたいと思います。

症状としては小児と成人では違う

お子さんの場合には不注意が続く、そして多動性、衝動性の三つが特徴的な行動となります。集中できずに授業中はひとりだけウロウロしてしまう、気が散ってほかの人に話しかける、みんなが順番を待っているブランコでひとり順番を抜かして守らずに遊ぼうとする、人から注意されたらいきなり手を出してその子を殴ってしまうなどの不注意に多動性、そして衝動性がある場合には、治療が必要と判断されます。あまりにも年齢が小さければADHDではなかったとしてこうした行動は取ることがありますが、小学校に入ってからもこのような行動が目立つ場合には相談に行く目安でしょう。成人の場合には社会生活や日常生活を過ごしにくくなったと感じている場合には、相談に行く目安ですし、治療開始の目安です。

治療は何歳から始めればいいのか

治療は具体的には、療養と養育、精神的なアプローチと社会的なアプローチが必要になってきますし、ストラテラなどの薬物を使った医療的なアプローチもしていきます。先天性の発達障害として言われていますが診断は、症状がでない限りはつきません。そのために治療開始時期などは年齢がはっきりとはわかっていません。一般的に言われていることは年齢は関係なしに療養、教育というのは受けられるのですが困ったことが増えてきた、障害があるといった時点で治療を開始するのが良い問われてます。

薬を使って落ち着かせるという治療法

衝動的になる、多動、不注意などの特徴などを抑えるためにストラ寺などの薬を使いますが副作用もあるので治療開始にあたっては注意が必要です。

関連する記事

  ← 前の記事: